どん底から勝ち組に這い上がったすっぴんトレーダーの必勝法を発信します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2




RCIの基本的な使い方

RCIは買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するオシレータ系のテクニカルです。
強いトレンドが発生すると、上や下に貼りついた状態になってしまう現象は、RCIでもよく見られます。

CapD20160221_20160221180601639.jpg

9(短期)赤、26(中期)青、52(長期)水色
上昇トレンド発生は、52や26が天井に貼りついていても、9だけは上下に動くのです。

9が下にきたときが押し目買いのタイミング!矢印がポイント!!
これとは逆に、52や26が底に貼りついて、9が上にきたときが戻り売りのタイミングとなります。

3本揃って同じ方向を向いているときは、強いトレンドになりそうなどと分析もできます。

RCIの応用編 リスクの低いエントリー


CapD20160221_1_20160221180603e34.jpg

①のところは3本とも天井張り付きです。
3本が天井に達した3重天井ラインは、上昇トレンドのクライマックスで、売りのチャンスと考えられますが、
これから下落するかどうかというのは、この時点ではまだわかりません。
3本のRCIのうち、最初に動き始めるのは短期の9なのです。
そこでエントリーのポイントになるのが、3重天井ライン後、9が下まできて、また上に戻ってきたときに
52がしっかり下がったときがエントリーチャンスになります!

※3重天井ラインだと思ってショートしたのにストップにかかってしまった・・・
という方は、②のポイントまで待つことによって、よりリスクを抑えたトレードをすることが可能となります。






関連記事


2



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。