どん底から勝ち組に這い上がったすっぴんトレーダーの必勝法を発信します!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2



2つのローソク足を組み合わせればチャートが見える!
押さえておきたい重要な4つのパターン


ローソク足って延々と続いてますよね。

日足なら1日毎に連なっていますし、
1時間足なら1時間毎に連なっています。

前回の記事ではローソク足の単体ローソク足の単体
での意味を書きましたがこのローソク足は2つセットにして見るとよりトレンドが見えてきます。

ローソク足が2つセットになった時の形でパターンというのがあるんです。

・かぶせ線・切り込み線・はらみ線・出会い線

それぞれのパターンとは・・・


かぶせ線は天井打ちの可能性が高い

かぶせ線の図はこちら↓

32.jpg

陽線に対して
陰線が上からかぶさる様に出ているローソク足の状態を「かぶせ線」と呼びます。

かぶせ線の上抜きは
大陽線の後にかぶせの大陰線が出現し
その後少しもみ合った後にが現れた状態のことです。

上昇途中にかぶせの形となり
その翌日以降は何日かもみ合う形となりますが
前回の高値を超えてくるような大陽線が現れたら買いチャンスです



逆バージョンになる切り込みについて

33.jpg

大陰線のローソク足の次に
大陰線の中心近くまで上昇する陽線が続くという2つの組み合わせです。

先ほどのかぶせ線との逆パターンです。

陰線引けの翌日に
安寄りした相場が前日のローソク足の実体線の部分まで戻して引けた形です。

「切り込み線」は実体線の中心以上まで戻したので買いシグナルとなります
大陰線というと、大きく下げたという事ですがそれにも関わらず踏ん張って上げてきた!
つまり、下げ渋っている事になるので上昇トレンドになると考えられるのです


CapD20160216.jpg
V字の底で出現した後、為替相場は上昇しています。


はらみ線もトレンド転換の可能性大

35.jpg

はらみ線とは
①陰線⇒陽線(陰の陽のはらみ)
今日の始値が前日の終値より高く、今日の終値が前日の始値より安いケース
②陽線⇒陰線(陽の陰のはらみ)
今日の始値が前日の終値より安く、今日の終値が前日の始値より高いケースのパターン。

はらみ線は反対の力が現れてやや戻しているという状態です
前日の値動きを超えることができていないため
いずれの場合も転換としては弱めのシグナルです



出会い線

36.jpg
出会い線とは
①前日陽線の終値と当日陰線の終値とが一致している。
②前日陰線の終値と当日陽線の終値とが一致しているパターン。

黒のローソクの底(終値)の高さに白いローソクの頭(終値)が来た時は上昇
白の頭と同じ高さに黒の底が来たら下落を知らせている
逆襲線ともいわれ、反対勢力の出現でそれまでの相場方向にヒビが入り始めた証拠



チャートを見るとき、隣同士並んだローソク足を組み合わせて意味を考える場合があります。

チャートを読むときはまず全体から相場の流れをとらえ
直近のローソク足を読むのが手順になります。

ローソク足の組み合わせは、相場転換を表す目印になります。
相場の転換点を見逃さずチャンスをつかみましょう


ロウソク足は世界中のトレーダーが利用しているのでものすごく奥が深いです。
相場の全ての答えはロウソク足にあると言えます!

ローソク足基本は以下の記事よりどうぞ
十字線について
代表的な小陽線・小陰線について
代表的な大陽線・大陰線について


スポンサーサイト


2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。